Bunkamura 「ドゥ マゴ パリ」本店からギャルソンがやってくる

渋谷にあるBunkamuraのカフェ「ドゥ マゴ パリ(deux magots Paris)」は、今年でオープン15周年。
それを記念して、9月2日(金)〜9月28日(火)の間、
サンジェルマンにあるパリ本店からベテランの2人のギャルソンさんが来日して、
本場のギャルソンぶるまいを見せていただけるそうです。

magotslogo.jpg
ベテランギャルソン
ジャン・ル・レアネックさんとレーモン・コストさん

magotslogo.jpg

ドゥ マゴ とは「二体の(中国)人形」という意味。
サンジェルマンにある店内には、開店の1885年から今でも、壁に中国人形がはりついております。
ロゴもその人形を模したもの。ヘミングウェイやピカソ、サルトルやボーヴォワールなどなどなどなど、数々の芸術家に愛されているカフェです。

フランスのドゥ マゴ本店のサイト

で、カフェな話とは全く関係ないのですが、
ジョジョの奇妙な冒険』というなが−いながーいながーい漫画がありまして、
その第四部の舞台、杜王町にも「ドゥ マゴ」というカフェがあります。(33巻あたりから登場)
登場人物たちの憩いの場になっています。

ジョジョにでてくるフランス語一覧
渋谷+ジョジョつながり(まんがを読んでない人でも、なんとなくアホだということはわかる)

Posted by moyo at 2004/09/ 1(mer) 01:25 PM [たべもの ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント

ジョジョ立ちね。
私もこないだ久しぶりにアクセスしてみたら動画がえらい増えてて驚いた。
こういうの、えーとなんていうんだっけ。なんか専門用語あったよね。カタカナ用語。
それよりフランス人出てくるんだ。知らなかった。
パリのドゥマゴ高いよね。
渋谷のドゥマゴは携帯入らないんで待ち合わせの人はお気をつけて。

posted by: 7ntrdblさん
2004/09/ 1(mer) 03:23 PM
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?