授業に著作権なし

etre.jpg
フランスで200万人が観たドキュメンタリー映画のヒット作「etre et avoir(邦題「ぼくの好きな先生」)に出演のロペス先生、授業にもコピーライトがあるとして200万ユーロを要求してたようです。
http://fr.news.yahoo.com/040927/202/42j9f.html
で、パリの裁判所でその訴えが却下されたようです。

↓ロペス先生
etreavoir1.jpg
etreavoir2.jpg
↑カンヌ映画祭に生徒・監督といっしょに出席したり、プロモーションにも協力してたらしいのに、よっぽどギャラが安かった? ヒットさえしなければ。。。

ニュース映像↓ videoをクリック。映画のワンシーンも観られます。
http://fr.news.yahoo.com/040927/202/42isu.html
フランス語わかる方、詳細教えてください。

映画自体は、フランスの教育の仕方が見られておもしろいです。
ロペス先生もカリスマに仕立てることなく淡々と描いてます。
子供もかわいいです。
etredvd.jpg
DVD「Etre et avoir ぼくの好きな先生」

オフィシャル
監督は「パリ・ルーブル美術館の秘密」のニコラ・フィリベール

Posted by 7NT-RDBL at 2004/09/29(mer) 03:20 AM [ニュース , 映画 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: ぼくの好きな先生
【フランス/2002/ニコラ・フィリベール監督】 フランスの田舎の小学校(日本でいえば分校)を舞台にしたほのぼのとしたドキュメンタリー。...
posted by: 子供の城
2004/09/29(mer) 04:32 AM
title: 授業にコピーライトがあるか
昨日の「パリ・ルーブル美術館の秘密」のレビューエントリに対して、パリノルール blogさん (フランスネタ満載!) からトラックバックをもらったんですが、ニコラ・フィリベール監督が手がけたドキュメンタリー映画「ぼくの好きな先生」に出演したロペス先生が「授業にも...
posted by: Studio Dragoon .NET Private Edition
2004/09/29(mer) 10:13 AM
title: パリ・ルーブル美術館の秘密
う〜ん 微妙な映画でした映画というかドキュメンタリー ルーブルで働く人々、ルーブル美術館の仕組みが音なしで紹介されます たまに20秒くらい音楽  撮り方はただのドキュメンタリーより勿論芸術性が感じられるけど もう少しなんか説明して欲しかった 同じ監督の 
posted by: 不要忘記的 忘れたくない事
2004/09/29(mer) 10:27 AM
title: TSUTAYAレンタル  9/18
「イン・アメリカ」「コールドマウンテン」「ぼくの好きな先生」 「美しい夏キリシマ」「ヴァイブレータ」 「イン・アメリカ / 三つの小さな願いごと」 ★★★★★ アイルランドからNYへやってきた家族4人 過去の悲しい出来事から逃れられず, 崩壊の足音が聞こえる...
posted by: AV( AKIRA's VOICE )
2004/09/29(mer) 10:48 AM
title: 「パリ・ルーブル美術館の秘密」
「パリ・ルーブル美術館の秘密」を観ました(詳しくは本家・fab*funにて)。 これはかなり私は好きです、裏側シリーズ(何じゃソレ)。
posted by: るるる的雑記帳
2004/09/29(mer) 06:49 PM
title: ぼくの好きな先生
俺自身、学校はわりと好きなほうだったけど、残念ながら尊敬できる先生には出会ったことがない。 フランスの山間にある全校生徒13人の小さな学校。3歳から11歳までの子供達が一つのクラスで学んでいる。大きい子は小さい子の面倒をみたり、勉強を教えたりするし、集団...
posted by: あとがき
2004/10/ 3(dim) 07:01 PM
title: ヒット映画 Les Choristes その後
映画Les Choristesは2004年のフランス映画の大ヒット作となった。主演のジェラール・ジュニオーは今年最も収入の多かった俳優の座に輝いたくらいである。...
posted by: フランスって
2005/03/17(jeu) 06:03 PM
title: ぼくの好きな先生 Etre et avoir
ぼくの好きな先生 Etre et avoir 2002年フランスで大・大ヒットしてたんだよね。 山田舎の小学校を舞台にした先生と生徒のふれあいドキ...
posted by: 今日のいいこと。
2005/05/ 3(mar) 01:31 AM
title: ぼくの好きな先生
Etre et avoir ぼくの好きな先生 2002年 フランス すばらしいの一言です。 フランスの片田舎の小学校のロペス先生と3歳から11歳ま...
posted by: cinema note+
2005/09/30(ven) 12:57 AM
コメント

tbありがとうございます。
ニコラ・フィリベール監督の「Etre et avoir ぼくの好きな先生」の評判は聞いていたんですが、実はまだ未見なんです(^^;
ただWOWOWで今日夜中に放送があるということで、楽しみにしています!

posted by: GAMMARAYさん
2004/09/29(mer) 09:56 AM

こんにちはー
久々のTB あの映画良かったのに
ロペス先生裁判なんかおこしちゃってやらしいなー 

posted by: wanglinさん
2004/09/29(mer) 10:31 AM

トラバありがとうございます。
その後どうなったかと思ったら、やはり敗訴でしたか。まぁ、一年間べ〜〜ったり貼り付かれて、授業のノウハウもすべて観られて、それにしてはギャラが安すぎたという話も。
先生、庶民なだけに生活苦なのかなぁとか、
学校の改築に当てたいのかなぁとかいろいろ
思いましたが、先生定年退職でしたね(;´∀`)

posted by: ルーさん
2004/09/29(mer) 07:46 PM

はじめまして。
HP訪問ありがとうございます。

トラックバックをみて
びっくりしました。
そんなことがあったんですねー

退職した先生
少しは生活の足しがほしかったのか
あの映画の脚本は
半分自分が書いてる(生活)という
愛着がわいたのかもしれないですね。

それにやっぱり予想以上に
評価がよかったなら
作品を共同で製作したのだという気持ち
(フィルムからあふれた一体感、距離感)分
お礼をしたらよかったのにと
日本人的には発想します。

でも先生はヨーロッパの人でしたね。
ふふふ。

映画は本当にすばらしかった。
淡々と教育の方向
大人の指差す方向を
教えてくれて。
子供たちがまたすばらしかった。
あの目線で
大人同士も分かち合いを
何度もするといいんですけどねー
きっと先生カヤの外だったのかな。

大賢人も生活者。

posted by: ばっちゃん。さん
2004/09/30(jeu) 08:27 AM
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?