映画博物館、来秋再開へ

20041216melies.jpg97年からず〜っと閉館していた映画博物館がやっと来年秋に再開するようです。で、この記事によると、SFX映画の父、メリエスの遺品を孫娘のマドレーヌ・マルテットさんから65万ユーロで買い取ったようです(フランス語わかる方、理解間違ってたらご指摘お願いします)。今から展示がすごく楽しみです! 無事予定どおりオープンしますように。。。

↑メリエスの代表作「月世界旅行」のワンシーン。DVDも出てます。

孫のマドレーヌ・マルテットさんは本も出してます。
魔術師メリエス―映画の世紀を開いたわが祖父の生涯

1995年にメリエスのひ孫さんが来日してたらしく、インタビューが愛知芸術センターの「映画生誕100年記念」のページで読めます。

「(舞台で)あがらないためには、まず、人々を愛すること、そこにいる観客たちに友情を抱けること、なるべく自然体であること」って家訓がラブリーです。

映画博物館はフランク・ゲイリーが設計した旧アメリンカ・センターを利用したもの。ベルシー再開発プロジェクトのひとつです。
20041216bercycinema.jpg

Posted by 7NT-RDBL at 2004/12/16(jeu) 07:01 PM [映画 , 美術・デザイン ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント

トラックバックありがとうございました
そうなのですね博物館がオープンとは興味深い情報ありがとうございました
またよろしくお願いします

posted by: くらのすけ映画社さん
2004/12/16(jeu) 09:23 PM
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?