共振でフランス軍226人死亡

070722 angers bridge.jpg
昨日J-WAVEで、今回の中越沖地震にからめて長周期地震動の解説をしてまして、その中で「共振」の代表例として、1850年にフランスのアンジェで起こった「バス・シェーヌ吊橋の大惨事」を挙げてました。

これは、軍隊が足並み揃えて吊り橋を渡ったところ、その歩調とつり橋が共振して橋が落下し、226人が死亡した、という事件だそうです↓

落ちたバス・シェーヌ橋 via art-et-histoire.com
070722 Basse-Chaine.jpg

以来、「吊り橋では歩調をそろえない」
というのが常識になったのだとか。

このバス・シェーヌ吊橋とともに
共振の例として有名なアメリカのタコマ橋の落下はビデオが残っていて、
共振パワーの凄まじさが↓

Tacoma Narrows Bridge

ちなみに、J-WAVEでの話は、ほぼこれに近い内容↓
asahi.com 首都圏でも「ゆっくり揺れ」 中越沖地震

中越沖地震震災義援金 クリック募金
ドラえもん募金電話番号:0990-513-006

Posted by 7NT-RDBL at 2007/07/22(dim) 03:42 AM [ニュース ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?