今年のニュイ・ブランシュ(白夜)は10月6日。ゲリラに拘束中の女性議員に捧ぐ一夜になるそうです

070929 nuit blanche.JPG
毎年ヨーロッパ各地で開催されるニュイ・ブランシュ、パリでも日暮れから翌朝まで市内各所でアーチストの作品展示やイベントが行われます。今年は地下鉄14番線が終日運行し、沿線の各駅近くに見所が設けられているとか。深夜バスなど、交通支援があるので、この日パリにいるなら、ぜひ夜のお散歩へ!

場所、プログラム、アーチスト紹介など、詳しくは大充実のオフィシャル・サイトで↓
Nuit Blanche オフィシャル 地図つき
ここからpdfのパンフレットがダウンロードも。

去年の様子はFlickerにたくさん↓
http://www.flickr.com/photos/photogrin/sets/72157594329568497/
http://www.flickr.com/photos/36831789@N00/sets/72157594317827049/
など。

パリとローマの今年のニュイ・ブランシュは、
2002年に反政府ゲリラに誘拐されたまま拘束中の
コロンビアの国会議員イングリッド・ベタンクールに捧げられるようです。
070929 ingrid libre.jpg

イングリッド・ベタンクールは、パリで育ち、
フランス人外交官と結婚、2児をもうけたものの、
麻薬組織と癒着した母国コロンビアの政治腐敗を正すべく、
29歳で離婚してコロンビアへ戻り、国会議員に。
大統領選に立候補中に武装革命軍FARC(ファルク)に誘拐。
現在45歳。(最近、生存情報があったそうです)

誘拐の前年2001年に自叙伝をフランス語で出版。
裕福な環境を捨て、母国救済に立ち向かった姿が感動を呼び、
フランスでベストセラーに↓
070929 nuit ingrid.jpg
それでも私は腐敗と闘う」草思社刊
こちらのblogが詳細な内容を紹介れさてます。

詳しくは、Ingrid Betancourt 支援サイトで↓
www.Betancourt.info (日本語あり)

FARCが誘拐している国会議員はイングリッドさんだけでなく、
数十名に及び、一般人を含めると数千人とか。
すでに50年近くこんな状況が続いており、
コカインの生産と密輸がコロンビアの経済を大きく支配。
遺伝子組み換えコカなんてのも開発され、大量生産に成功してるとか。
マーク・パ○サー妻のコカインもコロンビア産だったかもしれません。
夫のジュースはアンデス産でしたが。

paris1.gif…………………………
パリ旅行には
パリノルールをご一緒に
…………………………


Posted by 7NT-RDBL at 2007/09/29(sam) 03:03 PM [トラベル , 祭・行事 , 美術・デザイン , 本・雑誌 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: イングリッド・ベタンクール「それでも私は腐敗と闘う」感想。
自伝・ドキュメンタリー。2006年07月19日読了。

イングリッド・ベタンクール/永田千奈 /草思社 2002/05出版 277p
posted by: 傲岸不遜男天野才蔵の「私は本を買って読む」
2007/10/ 1(lun) 11:02 PM
title: イングリッド・ベタンクールさん、解放されたようです
via BBC 前にエントリーしたコロンビアの元大統領候補のベタンクールさん、...
posted by: パリノルール blog
2008/07/ 3(jeu) 09:55 AM
title: イングリッド・ベタンクール救出される。
コロンビアの大統領候補で、反政府ゲリラに誘拐されていたイングリッド・ベタンクール
posted by: 傲岸不遜男天野才蔵の「私は本を買って読む」
2008/07/ 3(jeu) 12:13 PM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?