カンヌ映画祭審査員賞受賞作、Gyaoで放映中

081003 kagi kyo matiko.jpg
つーても、約半世紀前(1960年)のカンヌですが。
今年92歳で亡くなった名匠・市川崑監督の「鍵」が11/1(土)正午まで無料。
未見ならこの週末にでもぜひ!
原作は谷崎潤一郎(ドMだったらしい…)。
主演は京マチ子、仲代達矢、中村鴈治郎。
3人ともいい味出してます。
犬神家とかもそうだけど、市川映画は中年女が美しい!

Gyao「鍵」

夫人役、谷崎は山本富士子のほうがよかったと言ってたらしい。
確かに山本富士子さんのほうが「貞淑な妻」感あって、よりエロかったかも?
081003 yamamotofujiko.jpg

谷崎の「鍵」は市川版以外にも何度か映画化されていて、
1983年にはイタリアでも↓
「The Key」 by Tinto Brass

監督のティント・ブラスは、
イタリア・エロ映画の巨匠と言われている人らしい。

ちなみに、劇中で鴈治郎が最高のブランデーと言っている「クールボアジェ」は、
ナポレオンのお気に入りだったというコニャック「クルヴォアジェ」
081003 courvoisier-large.jpg
Courvoisier 


paris1.gif…………………………
パリ旅行には
パリノルールをご一緒に
…………………………

Posted by 7NT-RDBL at 2008/10/ 3(ven) 08:59 PM [映画 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?