ストックホルム映画祭でフランス映画グランプリ

20041204Innocence.jpg
先月末に行われていたストックホルム映画祭で、フランスの女性監督Lucile Hadzihalilovic (リシャール・アジアリロヴィック)の「Innocence」がグランプリに輝きました。女性監督が優勝するのは初めてだそうです。アジアリロヴィックといえば、ギャスパー・ノエのパートナーとして有名ですが、自身の監督作品としては「ミミ」に次ぐ2作めで、寄宿学校の女の子たちの成長物語のようです。
innocenceの詳細 動画

20041204lucile1.jpg20041204bronshast_3.jpg
アジアリロヴィックとトロフィーのブロンズの馬。すごく重いんだそうです。

20041204commeuneimage.jpg
その他には、同じくフランスのAgnes Jaoui とJean-Pierre Bacriの「Comme une image (邦題みんな誰かの愛しい人)」がカンヌ同様、シナリオ賞を、パク・チャヌク監督の『オールドボーイ』が観客賞、オリバー・ストーン監督が功労賞を受賞したようです。

comme une imageのオフィシャル 予告編

追記
innocenceの日本公開は11月4日から。邦題は「エコール」になったようです。
オフィシャルはこちら
↑見ると、怖い映画みたい。
原作の「mine-haha」は、あの「サスペリア」の原作でもあるそうです。by シネストックさん
そりゃ怖いわ。

Posted by 7NT-RDBL at 2004/12/ 4(sam) 05:36 AM [映画 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: ゆうばり映画祭で話題のフランス映画3本上映
オドレイ・トトゥとジュネ監督の「ロング・エンゲージメント」と、リュミエール賞を受...
posted by: パリノルール blog
2005/02/22(mar) 03:32 AM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?