「王と鳥」、大阪でも上映会←全国に拡大中らしいです

060824_kingandmockingbird.jpg
フランス初の長編アニメ「王と鳥」、渋谷シネマ・アンジェリカで上映中ですが、梅田ガーデンシネマでも26日土曜から1週間上映されるそうです。
(追記:大阪のほか、京都・神戸・名古屋でも公開されることになったそうです)

060824 le roi et l'oiseau.jpg
1955年に監督の意向を無視した結末で公開されたものの、
宮崎駿はじめ多くのアニメーターに多大な影響を与えたそうです。
79年に監督自らフィルムを買い取って結末を作り直し、
今回はゲド戦記の宣伝イベントの一環として、
ジブリの高畑勲さんの字幕で劇場公開となったようです。
ちなみに高畑氏は東大仏文の出身らしいです。
団塊世代?の熱き思い満載のオフィシャルはこちら

映画の一部↓
allocine
cinebel

で、この映画の脚本て、詩人のプレヴェールなんだそうです。
シャンソンの枯葉や「天井桟敷の人々」の脚本を書いた人。
↓ピカソによるプレベール
060824_prevert by picasso.jpg

ゲンズブールがプレヴェールに捧げた歌「枯葉によせて」↓ 若い!

↓フランスのアイドル歌手も歌ってます。伏目顔がちょっと小池徹平or岡田准一似。

ね式さんによると、
ラファエル君はアルゼンチン・ロシア・モロッコのメランジュだそうです。
歌詞はこんな意味。by TOI LE POETEさん

↓プレヴェールの代表作『ことばたち』を高畑氏が新訳・解説。
060824_paroles.jpg
おもしろそうなんですが、アマゾンで超高値!
図書館へGO。

松岡正剛さんは1947年に刊行された『よくない子のためのお話』をお探しのようです。その本に載っているプレヴェールの自画像が見たいとか。原作↓
060824_prevert_elsa_henriquez.jpg

本自体は、エリザ・アンリケの挿絵のまま、
おりこうでない子どもたちのための8つのおはなし 」という邦題に変わって新版が出ています↓ 
060824_Contes pour enfants pas sages.gif←自画像があるかどうかは不明。

訳者の布施佳宏さんのサイトで、出版のきっかけと、「ゾウアザラシ」と「最初のロバたち」が紹介されています。

ちなみに原文はこちらのよう。

フランス詩は朗読が前提らしいので、プレヴェールの詩をひとつフランス語で聴いてみましょう↓
イヴ・モンタンによる「BARBARA」

パリノルールでは、詩の朗読が聴けるパリ市内のスポットをご紹介してますので、パリに行かれる方はぜひご参考に。

プレヴェールはコラージュも作ってたそうです↓
060824_prevert_collage.jpg 

Posted by 7NT-RDBL at 2006/08/24(jeu) 06:47 PM [アニメ , 映画 , 本・雑誌 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: 日仏英「さよならを教えて」
たけくまメモの第ニ回「頭のおかしい音楽祭」で、DEVOとか戸川純とか死ね死ね団と...
posted by: パリノルール blog
2007/04/16(lun) 10:18 AM
title: フレンチアニメ「アズールとアスマール」7月公開決定!
早く観たいな〜と思っていたミシェル・オスロの新作「アズールとアズマール」、 7...
posted by: パリノルール blog
2007/05/22(mar) 11:21 AM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?