「シュヴァリエ」の放映が始まってるわけですが

060902 chevalier_op1a.jpgwowow入ってないので残念ながら見られません。詳しくは公式サイトへ(制作は先日ミレーヌのエントリーで紹介したproduction I.G.)。

代わりに、主人公のモデルとなった女装の騎士シュヴァリエ・デオンを紹介しときます。
←アニメではオスカル様みたいですが、実際はこの人↓

ルイ15世のスパイとして活躍し、半生を女装して暮らした人です。
060902 d'eon.jpg

若くてキレイなころ↓(っても絵ですが)
060902 deon.jpg

ブルゴーニュ生まれですが、当時パリで一番優秀だったというマザラン大学(college mazarin)をご卒業。秀才だったようです。
マザラン大は、現在のフランス学士院(institut de france)↓
060902 institut de france1.jpg
ポンデザールの真ん前。パリノルールだとmap4-E1あたりです。

晩年は生活に困窮し、フェンシングを見世物にして食べていたとか↓
060902 deon3.jpg

波乱万丈な生涯はこちらで↓ 
偉人館

彼に関する著作はたくさん出ていて、日本でも結構出ています。
女装の剣士シュヴァリエ・デオンの生涯』 窪田般弥
仮想の騎士』 斉藤直子
花の美女姫 (3)』 名香智子
詐欺師の楽園』 種村季弘
妖人奇人館』(女装した外交官)澁澤龍彦 (←これはここで読めます!)
などなど。

フランスでは映画化も。コメディものらしい。
Le Secret du Chevalier d'Eon
060902 Le Secret du Chevalier d'Eon.jpg

1996年作の「ボーマルシェ/フィガロの誕生」にも、Claire Nebout扮するデオンが登場。 DVDも出ています。
060902 Beaumarchais, l'insolent.jpgBeaumarchais, l'insolent.

ところで、デオンの本名は、Charles-Geneviève-Louis-Auguste-André-Timothée Éon de Beaumont (長っ!)
この「Eon」をとって、女装癖のことをエオニズム(eonism )と言うそうです。by Anno Job Log さん

↓こちらは、苗字のポーモンから名づけられたフランスの女装サークル。
Association Beaumont Continental

デオンと女装については、こちらが詳しいようです↓
女装とジェンダー
デオンの快楽 日置 弘一郎

同じくエオって(=女装して)いた歴史上の人物としては、18世紀初頭にニューヨーク領事を務めたコーンベリ卿( Lord Cornbury )という人がいたそうです。
この人↓
060902 Edward Hyde Lord_Cornbury.jpg

なぜに女装?と問われ、本人曰く、「アン女王の名代だから」と言ってたらしいですが、普段でもドレスでしばしば出歩いていたそうなので、やはりその趣味か、ゲイまたバイだったのでは?という説が強いようです(否定した本も出てるようですが)。

デオンも女装がバレたあとは、「実はもともと女だった」と言って女性として暮らしていたそうですが、死後、遺体から男性とわかったらしいです。

一方、男装の有名人はジョルジュ・サンドやマタハリとか結構いますが、わりと日本でレアめなのが、デカルトを殺した女として有名なスウェーデンのクリスチーナ女王。
060902 christi1.jpg

殺したと言っても、11時起床の生活を送っていたデカルトを冬のスエーデンに呼び寄せ、毎朝5時に講義をさせたため、風邪をこじらせて死亡させたというもの。

かなりインテリだったらしく、退位後はヨーロッパ各地を遊学。アート支援などにばんばんお金を遣ったらしいです。

フィンランドに初めて大学を作ったのもクリスティーナ↓
060902 christina_.jpg

イタリアの音楽家アルカンジェロ・コレッリは、パトロンだったクリスティナ女王のために、1681年にトリオ・ソナタのOpus 1を作曲。
Corelli: Trio Sonatas
060902 corelli.jpg

クリスティーナ女王については、こちら↓が詳しいです。
歴史の授業で習えなかった同性愛 女王陛下はレズビアン」 

↑こちらでも紹介されてますが、クリスチナ女王は、グレタ・ガルボ主演で1933年に映画化もされてます。
Queen Christina」 DVDも出ています。
060902 bull2.jpg 予告編

↑この映画のリメイク版の女優探しを舞台にした映画も。
ゴシップ」 スウェーデン映画
060902 gossip_.jpg予告編

ピーター・フィンチとリヴ・ウルマン主演で、1974年にもKristina女王の映画があったようですが、日本未公開。
「the abdication」
060902 peter finch liv ullmann the abdication.jpg.jpg
リブ・ウルマンは東京生まれ。エンジニアの父親の仕事の関係だとか。

ところで、英語版wikiのcross dressing(異性装)の項に、マリスミゼルが貼られ中。
060902-mana.jpg

追記
現代フランス女装パーティ潜入ビデオ

Posted by 7NT-RDBL at 2006/09/ 2(sam) 03:24 PM [アニメ , 映画 , 歴史 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: コゼット無料放映中
今さらですが、フランダースの犬、母をたずねて三千里、あらいぐまラスカルなどなど、...
posted by: パリノルール blog
2007/08/22(mer) 03:40 PM
title: 小澤征爾、日本人初のアカデミー本会員に
フランス芸術界の大権威「アカデミー・デ・ボザール(芸術アカデミー)」の会員に"世...
posted by: パリノルール blog
2008/09/17(mer) 11:34 AM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?