レクター博士には、パリに住む日本人のおばがいた!

061230 Hannibal Rising poster.gif羊たちの沈黙」でおなじみのハンニバル・レクター博士の子供時代を描いたトマス・ハリスのシリーズ最新作「Hannibal Rising」が今月初めに出版され、来年2月には映画も公開(日本公開はゴールデンウィーク)。

それによると、レクター博士は子供のころ、パリの叔父の家に引き取られ、叔父の日本人妻「レディ・ムラサキ」に育てられたそうです。


映画では、ハンニバル・レクター役を前にエントリした「ロング・エンゲージメント」のギャスパー・ウリエル、
レディ・ムラサキを、「SAYURI」に続いてコン・リーが演じてるようです。
(世界標準の日本人女優っていないんですね〜)
監督は「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー。
061230 HannibalRising.jpg
↑恋に落ちたりもするらしいです。

剣術もおばさんから習います↓ カラテ・キッズ?
061230-hannibal-kendo.jpg

レディ・ムラサキは紫式部なわけですが、こちらの紫さんは伊達政宗の子孫とか↓ 
061230-hannibal-murasaki.jpg
↑パリ暮らしが長いので、キモノもこのとおり

レクター博士、初の殺人も、
紫おばさんにちょっかいを出したらしい肉屋のおやじ↓ 061230 hannibal butcher.jpg博士、13歳

前作の「ハンニバル」では、画家のバルテュスがレクター博士のいとこってことになっていましたが、今回はパリのおじさんが高名な画家という設定。レディ・ムラサキはバルテュスの奥様、節子夫人から着想を得たのかもしれません。

本物の節子夫人はコン・リーに負けない美しい人ですが、着物はきちんと和風です。
061230 balthus_setsuko_harumi.jpg
節子さん、娘のハルミさん、バルテュス

映画「ハンニバル・ライジング」公式サイト(まだ扉だけ)←オープンしたようです
http://www.weinsteinco.com/hannibal/
http://www.hannibal-rising.jp/

予告編

paris1.gif…………………………
パリ旅行には
パリノルールをご一緒に
…………………………


追記
4月21日公開になったそうです。
監督インタビュー動画

Posted by 7NT-RDBL at 2006/12/30(sam) 02:53 AM [映画 , 本・雑誌 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: Hannibal Rising (ハンニバル・ライジング)
2007年2月9日鑑賞Tagline:  It Started With Revengeストーリー1944年のリトアニア。 戦禍で両親を亡くしたハンニバル...
posted by: アリゾナ映画ログ − 砂漠から...
2007/04/ 9(lun) 02:47 AM
title: March 3rd, 2007 『ハンニバル・ライジング』日本公開GW
miriさんからオイラの過去のブログにトラックバック頂いた。『ハンニバル・ライジング』、アメリカでは2月9日に公開されたようだが、日本公開はGWで決定のよ...
posted by: Blog Saitoh
2007/04/14(sam) 07:14 PM
title: 色々分かってきたようで
映画『ハンニバル・ライジング』の公開が4月21日に決定だそうで、楽しみですねぇ。ただ、色々漏れ伝わってきている情報からすると、ちょいとどうかな? と言う微...
posted by: マイナー好みで悪いか!
2007/04/14(sam) 07:45 PM
title: パリに映画村
via wallace.morkitu.org 数年前に発表されたリュック・ベ...
posted by: パリノルール blog
2008/03/ 5(mer) 09:13 PM
title: ロンシャン、秋冬はケイト+ギャスバー
60周年を迎えたロンシャンの秋冬キャンペーンは、いつものケイト・モスに加えて、...
posted by: パリノルール blog
2008/07/ 9(mer) 12:32 AM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?