ホウ・シャオシェンの新作は、東京(珈琲時光)に続いてパリが舞台

070220 Binoche.jpg
侯孝賢監督の初のフランス映画「Ballon Rouge (バロン・ルージュ/赤い風船)」の予告編が公開になったようです↓ 主演はジュリエット・ビノシュ。

内容は、ジュリエット・ビノシュ演じるところの鬱気味の母と、7歳の息子の姿を、
パリの大学に通う台湾人のベビーシッターの目を通して描いたものとか。
070220 Ballonrouge1.jpg

赤い風船」といえばアルベール・ラモリスを思い出すわけですが↓
070220 Ballon rouge albert.jpg←Albert Lamorisse版

侯孝賢版でも、赤い風船が主人公たちと一緒にパリの街を散策するらしいです。
オルセー美術館にもついて行きます↓
070220 Ballonrouge.jpg

撮影はほとんどパリで行なわれたようですが、
ビノシュ演じる母親はマリオネットの先生という設定らしく、
その授業風景はフランス北東部のCharleville-Mezieresという街にある
マリオネット学校Institut International de la Marionnette
実際の生徒を使って撮影されたようです。

侯孝賢の93年の作品「戯夢人生」で描かれた
台湾の伝統的な人形劇「布袋戯(ポテヒ)」の人形遣いも出てくるらしい。
ポテヒはこんなやつ↓

今回の作品は、オルセー美術館20周年記念プロジェクトの一環で制作されたもので、
侯孝賢のほかに、オリビエ・アサイアス、ジム・ジャームッシュ、ラウル・ルイスが
オルセーの援助で映画を作っているようです。
侯孝賢の次は、アサイアスの「Souvenirs du Valois」が公開予定。
こちらもビノシュ主演。

Posted by 7NT-RDBL at 2007/02/20(mar) 11:50 PM [映画 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: 18監督による5分間の愛「パリ・ジュテーム」いよいよ公開
カンヌのプレミアム上映から10か月……やっと公開です、パリ・ジュテーム。 3月...
posted by: パリノルール blog
2007/02/28(mer) 03:12 AM
title: 今日からカンヌ映画祭
以前エントリしたエルの元編集長の闘病映画が コンペティション部門に選ばれたよう...
posted by: パリノルール blog
2007/05/16(mer) 03:13 AM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?