これ、日本で観られないですかね?

080412 mario kertez vu.JPG
フランスのグラフ誌「VU」の表紙になったアンドレ・ケルテスの写真↑
がきっかけで撮られた映画で、プラジル映画のカルト的存在らしい。
マリオ・ペイショト監督の「リミテ(限界)」。

すごく好きかも↓

Mario Peixoto/Limite


全編通して観てみたい!

マリオ・ペイショトはもともと映画監督ではなくて、
映画好きのブラジルのお金持ちの有閑青年だったらしく、
ロンドン留学中パリに旅行し、「VU」に出ていたケルテスの写真と遭遇。
映像化を知り合いの映画監督に持ちかけたところ、
自分で撮ってみれば、ということになったらしい。
080412 mario photos.JPG

その後60年も生きたのに、映画はこれ一作(未完が2作)。
晩年は食い詰めて、ウォルター・サレスの世話になってたらしい。
080412 mario.JPG

スコセッシ監督が設立した幻のフィルムを発掘する団体
World Cinema Foundation」の支援で、
パリのZZ prodctionが修復した模様。

ちなみに、撮影場所はここらしいです。

Mario Peixonto
http://www.mariopeixoto.com

今年は日本ブラジル交流年&ブラジル移民100周年らしいので、
どこかで上映あるかも、と期待してるのですが。。。

パリはフィルムライブラリーなどが充実してるので、
ご興味ある方はご旅行中にでも探してみてください。
CD-ROM版が出てるそうです。
パリの映画関係施設については↓

paris1.gif…………………………
パリ旅行には
パリノルールをご一緒に
…………………………


Posted by 7NT-RDBL at 2008/04/12(sam) 04:31 PM [映画 , 本・雑誌 ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?