フランスのカフェは去年2000軒以上つぶれたらしい


Le Petit Vendome

今日からフランスの外食産業の付加価値税(消費税みたいの)が
19.6 %から5.5%に大幅ダウンになったわけですが(高かった〜)、
New Yourk Timesの記事見てたら、
フランスのカフェって、えらく激減してたようで!

50年前は20万軒あったのが、
1995年時点で5万店、
去年は2000店以上が廃業し、
ついに4万店をきったとか。

ガラガラの店内と困り顔のオーナー↓
http://www.nytimes.com/2008/11/23/world/europe/23cafe.html?ref=europe

フランスのカフェはコーヒーだけでなく、アルコールや食事も出すので、
昼どきはランチの客、夜は飲み客で賑わっていたわけですが、
不況のせいで、昼はコンビニサンドみたいのを買ってオフィスで済ませる人が増え、
夜は日本同様、ウチ飲みが増えてカフェに人が来ないのだとか。
しかも禁煙法のせいで客足は2〜3割減ってるらしい。

フランスといえばカフェって感じだったのに、
井戸端会議、どこでやってるんでしょう。
おしゃべり好きのフランス人がメールで済ませてるとも思えないのだけれど。
数々のエピソードを生んだ「カフェ文化」が衰退していくのは淋しいもんです。

ちなみに今回の減税、アルコールは対象外らしいです。

paris1.gif…………………………
パリ旅行には
パリノルールをご一緒に
…………………………

Posted by 7NT-RDBL at 2009/07/ 1(mer) 07:46 PM [たべもの , トラベル , ニュース ] | Hatenaブックマークに追加 |

このエントリーのトラックバック URLは:
 です。

トラックバック
title: 行ってはいけない店? パリ編
Le Beaupre ちょい前にローマでいたいけな日本人カップルをぼった老舗レス...
posted by: パリノルール blog
2009/09/ 9(mer) 04:37 PM
コメント
この記事にコメントする










Please enter the security code you see here
名前、アドレスを登録しますか?